オルソケラトロジーとは?

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

オルソケラトロジーとは?

現在では外科的手術をしない方法で、
視力を回復させる新しい治療法も話題になってきています。

それがオルソケラトロジーという視力回復方法です。



check オルソケラトロジーとは?

結論から言うと、
「寝ている時に特殊加工されたレンズを装着することによって角膜の形を矯正、
レンズは朝の段階で外して、日中は裸眼で生活できるコンタクトレンズ」のことです。


オルソケラトロジー(Ortho-Keratology)は、
言ってしまえばハードコンタクトレンズみたいなものですが、
高酸素透過用ハードコンタクトレンズの内面に特殊な加工を施したもの、
と考えると分かりやすいかもしれません。


これを用いて、角膜を傷つけることなくその中心付近を平らにして、
近視治療をする角膜矯正療法のことです。


使用方法としては冒頭でお伝えしたように、
通常のコンタクトレンズとは逆で、寝ている間にレンズをつけます。

そして起きた時にレンズを外します。


寝ている間に角膜の形が矯正されていくことから、
朝レンズを外した後でも一定期間ですが視力は回復して、
日中は裸眼で良好な状態を維持し生活ができるというメリットがあります。



オルソケラトロジーは「眼鏡」、「コンタクトレンズ」、「レーシック(LASIK)」に次ぐ、
第4の近視治療方法との呼び声も高いです。


と言っても、視力の矯正治療の効果に個人差はありますので、
全員に効果があるとは限りません。

ですが、多くの方が日中をほぼ裸眼で生活できるようになると言われています。 

▼他のオルソケラトロジー関連記事も合わせてご覧ください。