レーシック手術の手順

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

レーシック手術の手順

近年人気のイントラレーシックの手術は
どのような手順で行われるのかご存知でしょうか。


その前に、一般的なレーシック手術は、
角膜表面を精密な刃物(マイクロケラトーム)を使用して
カンナのようにスライスしてフラップを製作するものであり、
160ミクロンという実に薄い角膜のフタを作るため
充分な経験や技術を必要とする視力矯正手術です。


フラップ制作時の切開ミスによる合併症の誘発や
不完全な回復結果などのトラブルも充分ありえます。



これに対しイントラレーシックの手術の手順は
じつに安全性がある手術手順となっています。

その手術の手順としては
イントラレーシックの大きな特徴は刃物で切らないことであり、
イントラレーザーを用いて精密で安全にフラップを作るレーシック技術です。

つまりイントラレーシックの手術の手順では
刃物などの物理的なものでの角膜に一切触れることなく、
安全に完全フラップが出来ます。



手術手順などすべてにおいて、
レーシックよりも優れているイントラレーシックですが
中でもドライアイ発生率の低下は患者にとってかなりメリットが高いです。


これのイントラレーシックの手術は
2000年にアメリカで発表されたのですが、
その手術手順の安全性から日本でも数多くのクリニックで
導入され始めています。


レーシック手術を考える際にはイントラレーシックを
選択肢の一つとして検討することもいいと思われます。