レーシックの危険性

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

レーシックの危険性

視力回復手術として定着し、人気の高いレーシック手術ですが、
安全性(危険度)について気になる方も多いと思います。


一般的にレーシック手術は安全性が高い手術として認知されていますが、
中には感染症や合併症・後遺症に悩まされる人もいます。


角膜を切り取るという極めてデリケートな手術のため、
リスクが伴うことを理解した上で臨む必要があります。


check 感染症の危険性

レーシックの手術では角膜を切り取って手術を行います。
そして切った角膜を元の状態に戻す形で処置をすることもあり、
拒絶反応といった副作用は無いと言われています。


しかし、角膜を切り取ることによって、
その切り口から細菌などが入り、感染症を引き起こしてしまう
危険性があります。

感染症のリスクは、手術後の処置をしっかり行っていれば、
ほぼ大丈夫と言えますが、可能性はゼロではありません。

check 合併症・後遺症の危険性

レーシックの合併症として最も多いのが「ハロ」や「グレア」といった症状 で、
まぶしく見えたり、ぼやけたりするという現象です。

そのほかにも、
ドライアイ、充血、異物感、涙目、矯正視力の低下、
過矯正や遠視ぎみになる、低矯正や近視が残る、などのような
症状が出るケースもあります。


そして、これらの症状は、
術後の処置や検査などを怠ってしまうと、後に後遺症となって
重大な症状に発展する可能性もあので要注意です。

もし、手術後に何らの症状が出た場合は、医師に症状を伝え、
適切な処置をしてもらうことが大切です。

check 合併症・後遺症の危険性2

眼鏡やコンタクトレンズを使用しない状態の視力、
つまり裸眼視力は向上することが分かっています。

一方、眼鏡やコンタクトレンズを使用した状態の視力、
つまり矯正視力は、逆に低下する危険性があります。


また、医師の技量不足によって
角膜を削り過ぎた場合には、遠視になる危険があります。

万が一そうなった場合、修正することは困難と言えます。