レーシックの種類

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

レーシックの種類

あのタイガーウッズもやったことで有名になった視力回矯正手術レーシックですが、現在様々な種類のレーシックがあります。


ここではレーシックの種類について
それぞれの違いや特徴をご紹介します。

あなた目の視力回復のために参考にしてください。


check レーシック(LASIK)

レーシックは角膜を削って、形を整えることによって、
視力を回復する手術ですが、最も一般的ななの手術方法がレーシックです。

レーシックとは、マイクロケラトームと呼ばれるカンナのような
電動メスを使用して角膜の中央部を削り、角膜の形状を変えることによって
屈折率を変化させ、視力を回復させます。

マイクロケラトームを使うことから、「ケラトーム」とも呼ばれます。

check エピレーシック(Epi-LASIK)

元々角膜が薄い人や特に強度の近視の人には
通常のレーシックができない可能性があります。

エピレーシックでは、
エピケラトームと呼ばれる機材でフラップを作成しますが、
レーシックに比べて薄くフラップが作れるため、
角膜の厚みのせいでレーシックが適用外となった人でも
手術によって視力矯正できるようになります。

※手術後2〜3日は目の痛みがあり、
 視力が回復するまでに1〜2週間時間を要する場合も。

check イントラレーシック

「イントラレースFSレーザー」というレーザーによって
フラップを作ってしまう最先端のレーシックです。

フラップの作成をコンピュータ制御によって行うので、
従来のレーシック(マイクロケラトーム)よりも、
レーザーを使うことにより、より正確な形のフラップを作ることができ、
フラップの作成が難しかった方でも手術を実施することができます。

check ウェーブフロントレーシック

レーシックは、その人に合った手術をするために目の形等を測定しますが、
そのときに使われる技術のことです。

より正確な術前検査を行うためにウェーブフロントアナライザーを使用し、
レーシック、Epi-LAISK、イントラレーシックなどと
組み合わせて実施することになります。

check フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ、永久コンタクトレンズ)

(準備中です)