眼鏡(メガネ)とコンタクトレンズの違い

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

眼鏡(メガネ)とコンタクトレンズの違いについて

眼鏡とコンタクトもはどのような違いがあるのしょうか。

視力を矯正する手段として一般的に出回っていたますが、
眼鏡とコンタクトの違いはどういったことでしょうか。


眼の視力が低下すると必然的に視力を矯正する必要があります。
近視であれば、日常生活にも当然支障が出るため、
メガネかコンタクトをする人が多いです。

勉強する人は眼鏡、スポーツする人はコンタクト
といったイメージもありますが、両者の違いは一体なんでしょう。


大きく分けるとメガネとコンタクトの違いは角膜にレンズを乗せて見るのと
レンズを覗いて見るとの違いがあります。

眼鏡はレンズのパワーにより網膜に結像される大きさに差ができるため、
物が小さく見えたり歪んで見えたりと具合が悪くなります。

これに対し、コンタクトの違いは
常に角膜上の光点にレンズを通して見ているため、歪みなどはないことです。


スポーツ選手がコンタクトを使用しているのは、
眼鏡のレンズに接触した際のケガやメガネがずれることで
集中できなくなるリスクを回避することはもちろんあります。

しかし眼鏡とコンタクトの違いとして、
常日頃から一定の遠近感が保てることがコンタクトの最大のメリットですね。

プロスポーツ選手に眼鏡の選手があまりいないのは
こういった理由が多いと思います。