眼鏡(メガネ)の仕組み

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

眼鏡(メガネ)の仕組みについて

眼鏡の仕組みはレンズにより視力を矯正するものです。

そもそも眼はどのような仕組みレンズにより視力を矯正しているのでしょうか。


眼の仕組みについては、眼は水晶体の厚さを変えることで
網膜に像が綺麗に結ぶようになっています。

水晶体の厚さは毛様体という筋肉で調整されます。
遠くを見ている時は水晶体が一番薄くなっている状態で、
このとき毛様体は緊張していないのですが、
近くを見るときは毛様体が緊張して水晶体が厚くなります。


遠くを見ると眼に良いというのは、
遠くを見ているときに毛様体が緊張していないからです。
この緊張が続いていると、水晶体が厚くなって
薄くなりにくくなるため近視になります。


そうやって視力が低下した眼を治す仕組みとしてあるのが
メガネやコンタクトレンズです。
眼はレンズを通すことで、視力を矯正します。


レンズの仕組みとしては一般的に眼鏡のレンズには
単焦点のものが多く使用されており、
近くもしくは遠くを見るためのものなど
焦点が一つというものが単焦点です。

それ以外のものは累進焦点や多焦点と呼ばれ、
累進多焦点レンズでは見るポイントを間違えれば
歪んでしまって像が見えないことがあります。


このように眼鏡のレンズの仕組みには
眼と密接な関係がありますので慎重に選ぶ必要があります。