眼鏡(メガネ)と視力

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

眼鏡(メガネ)と視力について

眼鏡をかけると視力が悪くなると言われることがありますが、
眼鏡と視力の関係は本来どういったことなんでしょうか。


眼鏡は視力を矯正するものです。

視力が0.8くらいから遠くの字が見えにくくなります。
学生の授業中や、車を運転する時などに遠くのものを見る際、
目を細めるようになってきたら視力の矯正が必要になるため
眼鏡を購入する必要が出てきます。


眼科では視力が0.4程度まで低下したら
日常生活で眼鏡が必要と言われています。


メガネをかけると視力が低下すると言われるのは、
眼鏡をかけ続ければ裸眼での見え方が少し落ちるためです。
しかしこれは視力が落ちたのではなくメガネに慣れたのです。


一度眼鏡を作りそれに慣れると裸眼のみに頼るのは
非常につらくなってきます。

たまに眼鏡に慣れずほとんど裸眼の方もいますが・・・
視力矯正をしていても0.8程度で放置している人もたくさんいます。


ただやはり一度メガネをかけたらその先は
ずっと矯正用具に頼りっぱなしになることも
頭の片隅に置いておく必要があります。


メガネをずっとかけ続ける生活はなるべく避けたいところですので、
眼鏡はかけ始めの頃は必要な時だけかけ、
それ以外では裸眼でいるように心がけて置くことがよいと思われます。