視力低下の原因・理由

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

視力低下の原因・理由

視力回復の前に、なぜ視力が低下したのか
その原因をしっかりと診断することがまずは大切です。

なぜなら、原因よって視力の矯正や回復の方法はことなるからです。


一般的な視力低下の原因は、
遺伝や環境による屈折異常や老化等による調整力の低下などですが、
角膜炎や円錐角膜、白内障などの病気によっても視力は低下したりします。


もう少し詳しく言うと、
目の入口には凸レンズがあり、上下が反転した絵が目の底に映ります。

そこには光を感じる網膜があって、映った絵の情報を脳に伝えます。
その情報を脳が認識して初めて「見える」という感覚が生まれるんですが、
経路のどこかに不都合が起きると視力は低下してしまうのです。



では、一般的なものを見ていきましょう。

■遺伝による視力低下

最も一般的な原因が『遺伝』による視力低下です。

両親のどちらかでも近視の場合は、
その子供が近視になる可能性は比較的高いと言われています。

しかし、100%遺伝とは言い切れず、
親が近視だからといって子供が必ず近視になるとは限りません。

■生活環境による視力低下

視力低下の原因は生活環境によることが分かっています。
またその影響の大きいと考えられているんです。


勉強や読書、テレビ、テレビゲーム、パソコンなど、
日常生活での近業が多いことがその根本的な原因なのかもしれません。


よく、現代っ子は昔の子供に比べて眼鏡のかける子供が多くなりましたが、
昔は小学生で眼鏡をかけている子は数えるくらいでした。


ですが、今ではその割合は高くなる一方で、
極めて深刻な状況だと言えます。