コンタクトレンズのメリットとデメリット

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

コンタクトレンズのメリットとデメリット

コンタクトレンズのメリットとデメリットは
どのような点でしょうか。


視力矯正の方法として現在コンタクトレンズは
多くの方に使用されています。

コンタクトレンズには眼鏡にないメリットがある反面、
デメリットもあります。


まずコンタクトレンズのメリットとしては、
眼鏡を使用するとフレーム・レンズにより
顔の印象が変わってしまうのに対し、
外見上が裸眼状態と全く変わらないことです。


またコンタクトレンズは角膜に張り付くため、
簡単に外れることがなく、運動に適していることも
メリットと言えます。


一方コンタクトレンズのデメリットとしては、
まず毎日レンズのケアが必要であることです。


毎日洗浄、保存が必要であり眼鏡と違い非常に手間がかかります。

またコンタクトレンズは使用期限も決まっていることも
デメリットとして挙げられます。


眼鏡は視力が変わらない限り基本的に同じ眼鏡を
使い続けることができますが、コンタクトレンズは消耗品のため、
レンズに使用期限があり、使用期限を越えて使用し続けると、
眼に悪影響を及ぼします。


コンタクトレンズはメリット、デメリットがはっきりしています。
そのため日常生活への影響や費用を考え、使用の有無を考える必要があります。