コンタクトレンズの仕組み

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

コンタクトレンズの仕組み

コンタクトレンズは
どのような仕組みで目に装着されているのでしょうか。


コンタクトレンズは透明なプラスチックでできており、
大きさはハードコンタクトレンズで約9mmで、
ソフトコンタクトレンズで約14mmになっています。


コンタクトレンズは眼球の黒目部分にピッタリと添うように、
緩いカーブを描くような形をしています。

真ん中の中心部分がいちばん分厚く、端に行けばいくほど薄くなり、
目の中でレンズが安定してゴロゴロしないような仕組みになっています。


コンタクトレンズはただ眼球の上に乗っている訳ではなく、
目に負担をかけないで装着できる仕組みとなっております。


まずソフトコンタクトレンズは
レンズが常に角膜の中央に位置していますが、
レンズの仕組みから弾性が働き、レンズがずれた場合でも
角膜の中央にレンズが戻ってきます。


ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズよりも小さいのですが、
ハードコンタクトレンズは、表面張力により装着できる仕組みとなっております。


ハードコンタクトレンズは湾曲したレンズが、角膜の形状に密着し、
その間に涙が入る仕組みとなっており、レンズは涙の上に
浮かんでいる状態となります。その涙によって表面張力が発生し、
レンズが装着される仕組みです。