コンタクトレンズと眼鏡の違い

楽天市場人気ショップ「幸服屋さん」は只今スーパーセール中
500円ポッキリセール

コンタクトレンズと眼鏡の違い

コンタクトレンズと眼鏡の違いとは何でしょうか。


コンタクトレンズと眼鏡は現在日本で約6割の人が使用している
視力を矯正する手段ですが、この二つの違いはどういったことでしょうか。


眼の視力低下に伴い、日常生活に支障が出る場合には
当然その視力を矯正する必要があり、
その手段としてコンタクトレンズ及び眼鏡が使用されています。


コンタクトレンズと眼鏡の違いとして最も解りやすいのが、
装着した時の見た目です。

コンタクトレンズはカラーレンズの場合を除き、
見た目は裸眼と全く同じであるのに対し、
眼鏡はフレームにより顔の印象が変わります。

この違いだけでも、コンタクトレンズか眼鏡かを
選ぶ基準にしている方は大分多いです。


また装着した時の違いとしては、
コンタクトレンズは角膜にレンズを乗せて見るのに対し、
眼鏡はレンズを覗いて見ることです。


コンタクトレンズは常に角膜上の光点にレンズを通して見ているので
歪みなどはありませんが、眼鏡はレンズのパワーにより
網膜に結像される大きさに差が出るため、
物の大きさが小さく見えたり歪んで見えることがあります。


また運動する人などがコンタクトレンズを使用しているのは、
眼鏡の動きが気になったり、横の隙間の部分が見えにくい
といった違いがあるからです。