視力低下の症状・病名

視力低下の症状・病名

視力が低下するの病気といっても、いくつもあります。
それぞれの病気・症状によって治療の方法も変わってきます。

きちんと診断し、適切な治療法によって視力回復すべきです。


ざっと上げるとこれだけの病気が存在します。
  • 近視
  • 遠視
  • 斜視
  • 乱視
  • 白内障
  • 緑内障
  • 飛蚊症
  • はやり眼(性角結膜炎、咽頭結膜熱(プール熱)、急性出血性結膜炎)
  • 糖尿病網膜症
  • ものもらい
  • 視野異常
  • 色覚異常
  • アレルギー性結膜炎
  • 結膜下出血
  • 網膜剥離
  • ドライアイ
などなど・・・

では、一般的なものを見ていきましょう。

近視による視力低下

近視とは、遠くを見たときにピントが合わず、
ものがぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。

角膜や水晶体による光の屈折率が強すぎることによっておこる屈折性近視と、
眼球が前後に長いせいで網膜よりも前方に焦点を結んでしまう軸性近視があります。

遠視による視力低下

遠視とは、近視とは反対で、角膜のカーブが平坦だったり、
眼球が短いために焦点が網膜の後ろで合ってしまう屈折異常のことを言います。

主に遺伝や生まれ持った体質がその要因と言われています。

斜視による視力低下

斜視とは、両眼の視線が正しく見る目標に向かわないものを言います。
外見上では片方の目が正しい方向を向いているのにも関わらず、
もう一方の目が内側や外側、あるいは上下に向いているような異常のことです。

眼筋の神経支配の異常や眼筋そのものの異常、
眼筋附着郡の異常などによって斜視が起こると言われています。

乱視による視力低下

乱視とは、角膜と水晶体のゆがみによって起きます。
度合いによりますが、光を屈折させる水晶体部分にゆがみがある場合、
縦方向や横方向の屈折率が大きく異なってしまい、
それによって網膜に焦点が合わず遠くも近くもぼやけてしまいます。

ただ、水晶体は完全な球体ではなく楕円形になっているので、
多少のゆがみがあるのは良くありますが、極端にひどい場合は視力矯正が必要です。

白内障による視力低下

白内障とは、眼の中にある水晶体が白く濁る病気です。
カメラのレンズが曇って写真がうまく写らないのと同じ原理で、
白内障になってしまうとモノが霞んで見えてしまいます。

白内障の進み具合は患者さんそれぞれ違いますが、
一般的には手術することで視力回復します。

緑内障による視力低下

緑内障とは、眼圧が高くなり固くなってしまう病気です。

眼球は正常な代謝を維持していくために、一定の固さ(眼圧)を保っていますが、
水が出すぎたり、流出が少なくなったりしてしまうと、
その圧力が目の神経や血液のめぐりに悪い影響を与えてしまい、
視神経が徐々に死んでいってしまいます。

もちろん、死んだ視神経は回復することはありません。 

飛蚊症による視力低下

白い壁を見つめた時に、
黒い点があることに気づいたことはありませんか?

もしあったら、それは飛蚊症かもしれません。

明るいものをバックにした時にだけ見え、それ以外の時は見えません。
もちろん視線を動かしても一緒についてきます。
当然こすってみても取れることはなく、消えることもありません。